射手座

シャンティデーヴァ「入菩薩行論」抜粋 ー第2章 供養と帰依ー

シャンティデーヴァ「入菩薩行論」は、大乗菩薩の修道について説かれている論書です。

この記事では、そこから任意に抜粋した言葉を記載しています。

 

引用元の書籍は「入菩薩行論」の日本語訳である「菩薩を生きる」です。

 

 


 

悟りを開き、そして去った仏陀に、

穢れなくありがたい仏法に、

功徳の海である仏子に、

尊い心を得んとして、私は最高の供養をする。(1)

 


 

悟りをひらいた方々、そして菩薩の後継者のすべてに、

生涯この身を捧げる。

この上なく勇敢な方々よ、私のすべてを受け入れたまえ。

私は心からあなたがたを敬い、あなたがたのしもべとなる。(8)

 


 

受け入れられたなら、

私は輪廻にひるまず衆生のために行動する。

過去の悪事を断ち切り、

二度と悪事に染まりはしない。(9)

 


 

悟りの真髄に到達するまで、

私は仏陀に帰依する。

仏法(ダルマ)にも、

多くの菩薩にも帰依する。(26)

 


 

人はすべてを諦め、死ぬべき定めにある。

だが、私は無知ゆえに、

友にも、敵にも、

多くの過ちを招き、もたらしてきた。(34)

 


 

いつか私の敵は残らずいなくなり、

友人も残らずいなくなり、

私もまたいなくなり、

そうしてすべてものもは消え去る。(35)

 


 

私もまた、つかの間の存在であるとは、

思いもかけなかった。

おかげで、憎しみ、情欲、無知のために、

多くの罪を犯してきた。(38)

 


 

夜も昼もとめどなく、

私の命は刻々と失われ、

どこからも補われはしない。

このような私に死が訪れないはずがない。(39)

 


 

この人生を去るときは、

親類縁者をすべて残し、

ただ一人で見知らぬ道を歩み出さねばならない。

それなのに、なにゆえ友や敵をそれほど気にかけるのか。(61)

 


 

将来の苦しみのすべてを恐れて、

私は合掌し、いつまでもひれ伏す。

私の救世者を前にして、

じかに、すべてを懺悔する。(64)

 


 

どうか、世を導き守る方々、

あるがままの私を、罪深いものとして受け入れてください。

このような行為は罪そのものであり、

もう二度としないと約束します。

 


 

 

関連記事の目次はこちら