獅子座

ロジョン(心の訓練)の核心であるランリ・タンパの「心を訓練する八つの詩頌」について

チベット密教には「心の訓練(ロジョン)」と呼ばれる教えが受け継がれています。

この教えの目的は、自他を不幸せにする原因である「自己愛着」を払拭し、他者へのいたわりと思いやりを培うことだといいます。

この記事では「心の訓練」の教えのなかでも特に有名な「心を訓練する八つの詩頌」を紹介したいと思います。

ランリ・タンパ「心を訓練する八つの詩頌」

1 如意宝珠にもまさる

もっともすぐれた利益が

すべての衆生によってもたらされるのだという思いで

常に衆生を慈しむことができますように

 

2 どこであれ、誰と出会おうとも

自分自身を劣ったものと見なし

心の底から他者をすぐれたものとして、

慈しむことができますように

 

3 あらゆる行為をするときは

自分自身の心の中でよく吟味し

それが自分と他者を危険に陥れる煩悩であるなら

すぐに確固としてそれに立ち向かい、退かせることができますように

 

4 性根の悪い衆生や

罪や苦しみに苛まれている者を眼にしたときには

貴重な宝と出会ったときのように

めったに見出せない者として、慈しむことができますように

 

5 他人が私に対する嫉妬から

罵り、あざけるなどの不当な扱いをしようとも

自らが損を引き受けて

勝利を他人に捧げることができますように

 

6 一生懸命につくした相手が

期待に応えてくれるであろう相手が

理不尽にも私を傷つけたとしても

その相手を最良の友(師)と見なすことができますように

 

7 つまりは、直接であれ間接であれ

幸せと利益をすべての母なる衆生に捧げ

すべての苦しみや障害が

秘かに私にもたらされますように

 

8 それら心の訓練(ロジョン)のすべては

世間八法を思考する垢に汚されることなく

あらゆる現象は幻であると知ることにより

執着がなくなり、捕われの状態から解き放たれますように

『チベット密教 心の修行』

 

八つの詩頌の理解を深めるために

参考書籍

「心の訓練」とは、心を浄化する、あるいは心を教化するためのひとつの方法です。

 

「心の浄化」や「心の教化」も、その目的は、他者の役に立つことです。

そして、他者の役に立つことは、自分自身のためにもなります。

「自他の幸せのために心を教化する」ことこそが、仏教なのです。

 

このように、「あらゆる問題はただひとつ」なのです。

それが「自己愛着」です。

 

私たちはいままで、苦しさや憤りや虚しさなどの問題を、自分以外の何かのせいにしてきました。

誰かのせいにしたり、周囲の環境のせいにしてきました。まったく疑いもせずに。これはいまにはじまったことではなく、遥か遠い過去世からそうしてきているのです。

あらゆる問題や不満は、どこから生まれるのかを注意深く調べることです。

それによって、すべてが「自己愛着」から生まれることに帰結するはずです。

 

ダライ・ラマ法王による詩頌の解説

http://www.dalailamajapanese.com/teachings/training-the-mind

 

ダライ・ラマ法王の「心を訓練する八つの詩頌」の法話